留学・休学・退学の申請・届出 (日吉・三田)

申請方法について

留学・休学・退学の申請は、所属学部・研究科の履修案内を参照のうえ、以下の手順に従ってください。

提出方法について

所定用紙をダウンロードの上、必要事項を記入し、所属キャンパスの学生部 所属学部・研究科担当まで提出してください。
学部・研究科により事前に学習指導面談または指導教授による面談・認印を必要とする場合、申請方法が異なる場合があります。申請前に必ず所属学部・研究科の履修案内および所属キャンパスの学生部 所属学部・研究科担当で確認してください。
本人欄は学生自身、保証人欄は大学に登録してある保証人の自書・捺印としてください。
本人・保証人ともに大学に登録してある住所以外の住所が記入されている場合は、申請を受理できません。
添付書類は、必ず不足がないことを事前に確認してから持参してください。

申請書類を受理後、所属学部・研究科の会議にて申請が承認された場合、承認通知をお送りします。
学費減免の適用希望者は、必要書類をもって学費減免を申請してください。なお、交換留学は学費減免の適用対象外です。

私費留学における学費の減免について

留学の申請に基づき、学費が減免されます。学費減免申請手続の詳細は必ず所属学部・研究科の履修案内を参照してください。
※入学1年目の私費留学については、学費は減免されません。

私費留学の学費減免は、留学から帰国後、就学届を所属キャンパスの学生部 所属学部・研究科担当に提出したのち、学費減免の申請を行うことにより適用されます。
就学届の提出が未済の場合、届出があるまでは減免申請を受理できませんのでご注意ください。

休学による学費の減免について

休学の申請に基づき、各学期の学費が減免されます。学費減免申請手続の詳細は必ず所属学部・研究科の履修案内を参照してください。

休学の学費減免は、休学承認後随時申請を受け付けています。既に当該学期の学費を支払い済みの場合、過払い分を返金します。当該学期の学費が未払いの場合、学費減免を適用し減額した振込依頼書をお送りします。

履修・学籍の取扱いについて

◆留学
履修登録した科目のうち、留学期間中の学期に開講された科目はすべて無効となります。
留学先の大学で単位取得した科目は、慶應義塾大学において単位認定を申請することが可能です。
留学期間は、申請により帰国後に在学期間へ算入することが可能です。

◆休学
履修登録した科目のうち、休学した学期に開講された科目はすべて無効となります。
留学のために慶應義塾大学を休学した場合も、単位認定は申請できません。
休学期間は、在学期間へ算入することができません。

所定用紙ダウンロード

国外留学・休学・退学は所定用紙による申請のみ受付ます。以下よりダウンロードして使用してください。

各学部・研究科履修案内

所属する学部・研究科の履修案内は以下から確認してください。