【矢上 理工学部3・4年】履修申告

【科目の追加】履修修正期間に、追加履修はできますか?
抽選落ちした科目と同単位数分まで追加可能です。(理工学部1・2年生とは取扱いが異なります。)

秋学期のweb履修期間(9月下旬)後に予定されている、履修修正期間(10月中旬)においても同様です。
(⇒秋のweb履修後の抽選によって抽選落ちした科目があれば、同単位数分まで、10月中旬の修正期間に追加可能です。)
【科目の削除・キャンセル】履修修正期間に、削除申告はできますか?
履修修正期間での削除はできませんが履修登録取消期間に科目を削除することができます。もちろん無条件に何でも削除できる訳ではありません。履修登録取消制度については以下を参照してください。
【再抽選】追加申告可の科目でも再度抽選はありますか?
追加申告可能な科目は申告者全員を受け入れるので抽選はありません。ただし、一部先着順等の科目もあるので履修申告結果発表掲示をよく確認してください。
【秋学期・履修申告】 秋学期科目の履修申告はいつですか?
9月26日(火)13:00~9月29日(金)10:00です。

ただし、理工学部においては、通年の履修計画を立てる必要があるため、秋学期の科目も含めた全ての科目を春学期の履修申告期間内に申告することになります。

秋学期科目のうち、矢上設置科目(教職科目除く)および他の一部の科目のみ、
9月下旬のweb履修期間に自由に追加・削除することが可能です。
【秋学期・履修申告】 秋学期に、日吉の科目を追加・削除することは可能ですか?
下記リンクより履修案内(PDF版)および「日吉・理工学部設置・秋学期開講科目の履修修正について」ページをご覧ください。

【同じ名前の科目】 同じ科目名だと履修出来ないと聞きました。
「体育実技A」以外は、同じ名前の科目を複数履修して卒業単位とすることはできません。授業担当者が異なる場合でも、科目名が同一の場合は同様です。履修を希望する場合、2科目めからは、卒業単位に加算されない自由科目で履修してください。
【A欄B欄】A欄B欄ってなんですか?どういう時に必要になりますか?
履修案内を熟読してください。履修案内(PDF版)は下記リンクよりご覧になれます。
【B欄申告】B欄申告の方法を教えてください。
下記リンクより、学事Webシステムのマニュアルを参照してください。
【総合教育科目】 「3・4年で必要な総合教育科目8単位」分として、日吉設置の総合教育科目を履修することは可能ですか?
可能です。ただし、B欄分野を指定して履修申告をしてください。
【総合教育科目】総合教育科目のうち「学部共通科目」は、何単位まで卒業単位になりますか。
「1・2年で4単位まで」、「3・4年で4単位まで」です。合計8単位まで算入できます。なお、それぞれの上限を超えて取得した単位は自主選択科目として算入されます。
【総合教育科目】「体育」は何単位まで卒業単位になりますか?
体育実技Aに限り、合計2単位まで、総合教育科目の単位に算入できます。
【総合教育科目】総合教育科目を秋学期に追加することはできますか?
矢上設置の総合教育科目であれば可能です。(秋学期の履修申告後に抽選を行います。)
日吉設置科目については、7月以降、下記「日吉・理工学部設置・秋学期開 講科目の履修修正について」にてお知らせします。
【自主選択科目】所要単位数を超えて単位を取得した場合、自主選択科目として算入されるのは、「科目」基準でしょうか。「単位」基準でしょうか。
「単位」基準です。
(例) 機械工学科:学科専門科目(選択)の卒業所要単位数が27単位のところを28単位(2単位の科目を14科目)取得した場合は、1単位が自主選択科目扱いになります。
【他学科科目】他学科の科目は履修できるのでしょうか?また、履修する際に用紙の提出は必要ですか?
選択科目に限り履修可能です。ただし、B欄分野を指定し履修申告をしてください。理工学部3・4年生は用紙の提出は不要です。
【他学部科目】他学部の科目は履修できるでしょうか?
下記リンク「他学部設置科目履修について」で履修可能な科目かどうか、および、当該学部における手続き方法を確認してください。履修可能な科目であれば、履修案内 または 「他学部設置科目の履修について」を参照のうえ、履修登録を行ってください。
【進級・卒業単位の計算・確認】進級(卒業)するために、あと何単位必要か自分で計算してみましたが、自信がありません。どうしたらよいでしょうか?
履修申告時であれば、確認できますので、ぜひweb履修申告システムを利用してください。
まず、進級(卒業)単位を充たすために最低限必要な科目を登録し ボタンを押してください。条件を充たさないものがあれば、エラーメッセ—ジが表示されます。
あとは、そのエラーメッセージが消えるように、科目を追加すれば、同時に今年度履修すべき単位を確認することにもなります。