主な機能

履修申告・履修追加申告

指定された期間内に、履修する科目の登録を行う機能です。進級・卒業に関わりますので、下記「操作マニュアル」のリンクを参照して間違いのないよう登録してください。

履修取消申告

履修計画の変更等の理由により、指定された期間内に、登録済科目の履修を取り消す機能です。取り消した科目の代わりに新たな科目を登録することはできません。進級・卒業に関わりますので、下記「操作マニュアル」のリンクを参照して間違いのないよう登録してください。

登録済科目確認

履修申告期間終了後に登録された科目の確認ができます。履修が許可されない場合や、エラーが表示される場合もありますので、履修案内(ガイド)等で指定された期間に必ず確認してください。

休講・補講・任意設定講義情報

現在登録されている休講・補講・任意設定講義の情報を確認できます。

住所確認・変更

現在登録されている学生本人および保証人の住所・連絡先を確認できます。また、本人の住所・連絡先の変更申請を行うことができます。緊急の連絡を要する場合もありますので常に最新の情報を登録してください。

操作マニュアル

学事Webシステムを使う上での注意事項

  • 学事Webシステムにログインした後は、ブラウザーの[戻る]及び[進む]ボタンは使用しないでください。誤ってクリック してしまい画面が正しく表示されなくなった場合には、[更新]ボタンを押してリロードしてください。
  • 学事Webシステムは30分間何も操作しないと自動的に切断されます。インターネットサービスプロバイダーによっては、これよりも短い時間でタイムアウトする場合がありますので注意してください。
  • ブラウザーの[戻る]ボタンや[進む]ボタンを何度も押したり、30分間何も操作をしなかったためタイムアウトになった場合、画面にアクセスエラーと表示されたり、真っ白な画面になる場合があります。そのような場合には、一旦ブラウザーを終了し、10秒程度待ってから再度ブラウザーを起動し直してください。登録作業をしていた場合は正しく登録できていない可能性がありますので、必ず登録状況を確認してください。
  • 氏名等に難しい字が使われている場合、画面上にうまく表示できない場合がありますが、システム上問題はありません。

ログイン

1.ID・パスワード

keio.jpと同じID・パスワードでログインできます。(2017年3月末をもって学事Webシステムパスワードは廃止されました) 

2.ブラウザーの各種設定

◆下記の事項が正しいにもかかわらず学事Webシステムを利用できない場合は学内設置のPCを利用してください。

動作環境

  • MacOSでsafari、FireFoxを使用している場合で、アクセスが出来ない場合は、下部のリンクをご確認下さい。
  • iPhone,iPadは動作検証済み環境ではありません。ただし、アクセスが出来ない場合に下部リンクにある対応を行うことで動作したという報告があります。
  • Windows は XP 以前のバージョンの動作保証はしておりません
  • その他お使いのOS、ブラウザによっては正しく動作しない場合があります。

Cookie の設定
学事Webシステムは、Cookie を使用しておりますので、お使いのブラウザーでcookieを有効にしてください。

SSL(暗号化)の設定
学事WebシステムはSSL による暗号通信を行いますので、利用するにはSSLを有効にしなければなりません。学事Webシステムにアクセスすると、新しいサイトの証明書を受け付けるか否かの確認ウィンドウが表示されますので、設定してください。

Proxyの設定
お使いのブラウザーがProxyを経由する設定になっている場合、設定を解除しないと正しく接続できないケースがあります(これは接続先プロバイダーにより異なります)。そのような場合には、一時的に Proxyの設定を変更してください。