学生の水難事故について

2014/9/8

学生の水難事故について

塾生諸君

 9月3日、所属する公認学生団体の合宿中、本学の学生4名が海に流されるという事故が発生しました。2名はまもなく救出されたものの、2名が行方不明となり、9月7日、うち1名が遺体で見つかりました。

 亡くなった学生およびご家族の皆様には心から哀悼の意を表するとともに、いまだ行方不明の1名の学生の無事をお祈りし、現地で捜索にあたってくださっている方々に心からの感謝を申し上げます。

 夏休み開始前の7月30日、夏休み中の活動全般について全学生に向けて注意喚起を行いましたが、海や川、山などにおいては注意をしていても予期せぬ事故につながることがあります。

 塾生諸君は、今後予定されている課外活動やゼミ合宿等において十分に注意をし、こうした痛ましい事故が二度と起きないよう心がけてください。

慶應義塾常任理事(学生担当)   岩波 敦子
慶應義塾大学学生総合センター長 伊東 裕司