障がい者の皆様へ

障がい者の方の就職活動について

本学の就職支援について

 本学では、在学生の就職・進路支援についての業務を各キャンパス(三田・矢上・湘南藤沢・芝共立)で、それぞれ個別に行っています。
 就職・進路支援担当窓口には毎年、企業からの求人依頼が来ます。就職担当部署では、求人ナビ(keio.jp「就職・進路支援システム」内)等で公開していますので、そちらをご活用下さい。

身体に障がいがある場合の準備

 1960年に「身体障害者雇用促進法」が施行されて以来、身体障がい者を積極的に雇用する企業が少しずつ増えています。その後の法改正により、一般の民間企業に義務づけられることになった法定雇用率も平成10年から0.2ポイント増加し1.8%となっており、平成25年には2.0%に引き上げられました。
身体障がい者として居住市区町村の福祉事務所から「身体障害者手帳」の交付を受ける時は、申請から交付までには時間がかかりますので、早めに申し込むようにしましょう。就職・進路支援担当窓口には毎年、大手企業からも求人依頼が来ます。届いたものはファイリング形式での紙の求人票や求人ナビで公開しています。また、求人票を発行しない企業や団体でも採用する場合もありますので、自分でも積極的に問い合わせてください。ただし、職種、業務内容、応募資格などは企業によって様々で、障がいの度合いによって活動の成否が左右されてしまうことがあります。しかし、重度の障がい者であっても決して悲観する必要はありません。大切なのは何がなんでも就職するという意志を持つことです。
もちろん、人物評価を抜きにして障がい者ということだけで採用される訳ではなく、健常者と同様に、面接や筆記試験の結果が影響することは当然です。

○「東京新卒応援ハローワーク」への登録
 公共職業安定所の下部組織である同ハローワークに名前を登録しておくと、同ハローワーク主催の合同説明会等の案内が通知されます。

 東京新卒応援ハローワーク
 TEL. 03-5339-8609
 新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル21階
 http://job.gakusei.go.jp/

 ○その他 就職情報会社等
 障がいのある学生へ就職支援を行っている就職情報会社もありますので、探しておくと良いでしょう。
大学に届いた案内やポスターは三田キャンパスにて掲示板(南校舎1階 就職資料室前)や
ファイル(南校舎地下1階 学生部就職・進路支援担当事務室内)などで公開しています。

 ○大学への求人票
 大学には、企業からの障がいのある学生への求人が届いています。
 三田キャンパスにて、ファイルなどで公開しています。(南校舎地下1階 学生部就職・進路支援担当)

色覚に異常(色盲・色弱)がある場合

 運転免許証を取得できる程度であれば問題ありませんが、色の識別が特に必要とされる業種、たとえば、広告、印刷、化学・薬品、繊維、運輸関係等については程度により厳しい業務もあります。従来は特に制限されていた金融業界でも、最近はほぼ差し障りなく採用される傾向にあります。
いずれにせよ、自分の色覚の程度を知ると同時に、事前に専門医による精密検査を受けておいた方がよいでしょう。

既往症などがある場合

 就職活動で主に問題になるのは、胸部や内臓疾患既往症ですが、既に完治していて現在健康であれば、ほとんどの企業が応募の機会を与えてくれるでしょう。
それでも、企業や業種の選択には慎重を期すに越したことはありませんし、心配な人は医師とよく相談して、業務を遂行するうえで支障がなければその旨の診断書を用意しておいた方がよいでしょう。また、現疾病者で日常生活には支障を来さないが、腎炎・肺炎・高血圧・尿蛋白・高血糖などの心配がある人は、必ず事前に精密検査を受けて対処してください。
この場合も、医師とよく相談して就職後に業務を遂行するうえで支障を来す可能性があるか確認し、その可能性がなければその旨の所見書を用意しておくのもよいでしょう。