「学問のすゝめ奨学金」

平成29(2017)年4月入学者対象の募集要項を公開いたしました。

一般入学試験前予約・地方出身者対象・給付奨学金(返済不要)

本奨学金は、慶應義塾大学の学部第1学年に入学を強く希望する日本国内(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を除く)の高等学校等出身者で、人物および学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由により本学への入学に困難を来している受験生に対し、経済支援を行うことを目的とします。選考については、一般入学試験前に申請を受け付け、候補者を決定します。その後、一般入学試験に合格し、入学後に所定の手続きを行うことで奨学生として採用されます。また、道・府・県をブロック単位に分け、地域ブロックごとに給付人数を設定することで、地域の偏りをなくしている点も大きな特徴です。奨学金額は年額60万円(ただし医学部は90万円、薬学部薬学科は80万円)で、毎年の申請・審査により2年目以降も継続受給が可能です。

1)申請資格

①日本国内(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を除く)の高等学校等を卒業(修了)した者、または平成28(2016)年3月に卒業(修了)見込みの者
②本学の第1学年に入学を強く希望する者で、本学の平成29(2017)年度一般入学試験に出願予定の者
③卒業した、または卒業見込みの高等学校より、調査書の発行が受けられる者
④父母の「最新(平成27(2015)年中)の所得証明書」記載の収入・所得金額を合算した金額が給与・年金収入金額1000万円未満(税込)、事業所得金額514万円未満(税込)の者
⑤上記の高等学校等の教員より推薦を得られる者
⑥家族が日本国内(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を除く)に居住し、本学入学後、自宅外から通学する予定の者

2)奨学金額

医学部      :年額90万円
薬学部薬学科 :年額80万円
その他の学部   :年額60万円

3)給付期間

入学年度を含め4年間(医学部・薬学部薬学科は6年間)
毎年の申請・審査により、継続受給が可能です。

4)奨学生候補者数

500名

5)地域ブロック

地域ブロック
対象の道・府・県
北海道・東北ブロック
北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
北関東・甲信越ブロック
茨城・栃木・群馬・新潟・山梨・長野
北陸・東海ブロック
富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重
近畿ブロック
滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山
中国・四国ブロック
鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知
九州・沖縄ブロック
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

6)申請書類

①「学問のすゝめ奨学金」申請書 様式1)
②「学問のすゝめ奨学金」推薦書 様式2)
③調査書
④父母両方の所得証明書
⑤収入に関する証明書類(平成28(2016)年1月以降に収入が著しく変わった場合のみ)
⑥返信用封筒

申請書類の詳細は「募集要項」をご確認ください。
様式1)「申請書」、様式2)「推薦書」については、以下からダウンロードしてください。

7)申請受付

平成28(2016)年11月1日(火)~12月3日(土)当日消印有効

8)選考

志望学部を問わず地域ブロック単位で、学業成績、家計状況、推薦内容等に基づき書類審査を行い、奨学生候補者を決定します。

9)選考結果

平成29(2017)年1月上旬頃に郵送にて申請者全員に通知予定です。

10)申請にあたっての注意事項

①本奨学金の申請や選考は、一般入学試験の合否に影響を与えるものではありません。 また、本奨学金候補者としての決定は、一般入学試験の合格を保証するものではありません。
 
②本奨学金の候補者に採用されても、他大学との併願、他大学への入学を制限することはありません。また、本奨学金の候補者に採用された学生が、一般入学試験に合格したにもかかわらず、入学を辞退しても、翌年以降その出身高等学校からの申請や推薦入試等に影響が及ぶことはありません。

③一般入学試験以外の入試制度で合格して入学する場合には、本奨学金を受けることはできません。

④本奨学金の申請において提出いただいた各種書類・証明書等は返却いたしません。一度提出いただいた書類への追加・差替えはできません。また、本奨学金への申請において提出いただいた調査書を一般入学試験への出願書類として転用することはできません。

⑤入学後、他の奨学金を申請することは可能です。ただし、申請条件は併用となる他の奨学金の定める基準に準じます。

⑥奨学生として不適格と認められた場合、奨学生としての資格を喪失し、奨学金の返還を求めることがあります。

⑦奨学生として、奨学生交流会等の会合が開催される際は、必ず、出席する必要があります。
 

11)よくあるご質問

Q1 父母の最新(平成27(2015)年中)の所得証明書記載の収入・所得金額を合算した金額が給与・年金収入金額1000万円未満(税込)、事業所 得金額514万円未満(税込)の者 というのは、父母の合計の金額ですか、それともどちらか一方の金額ですか。
A1 ご両親の合計金額です。

Q2 給与収入の場合の収入金額とは、控除前・控除後どちらの金額ですか。
A2 控除前の金額です。

Q3 一般入学試験以外の入試制度を利用する場合でも(例:推薦入試)、この奨学金に申請し受給することはできますか。
A3 一般入学試験以外の入試制度を利用する場合は、この奨学金に申請、受給することはできません。

Q4 両親が離婚している場合でも、父母両方の所得証明書を提出する必要はありますか。
A4 すでに別生計になっている方の所得証明書は提出していただく必要はありません。

Q5 今年の収入が昨年より著しく下がったのですが、その場合何を提出すればよいですか。
A5 平成28(2016)年1月~12月の「年収見込証明書」(勤務先が作成したもの)を提出してください。退職した場合は「退職証明書」を提出してください。また雇用保険を受給している場合は、「雇用保険受給資格者証」も提出してください。

Q6 浪人をしていますが、この奨学金に申請できますか?
A6 卒業した高等学校からの調査書、教員からの推薦書が提出できるのであれば、現役・浪人の区別は問いません。

Q7 高校の評定平均値について具体的な基準はありますか?
A7 ありません。

Q8 保証人には誰を選べばよいですか?
A8 「学問のすゝめ奨学金」の保証人ついては通常は父母いずれかとなります。父母ともに不在の場合は、父母に代わって家計を支持する人物を選任してください。


12)その他詳細情報

「募集要項」をご確認ください。

お問い合わせ

慶應義塾大学(三田キャンパス)
学生部福利厚生支援(月曜~金曜/8:45~16:45)

Tel:03-5427-1570
E-mail: lifeshogaku@info.keio.ac.jp ※メールのSubject(題名)は変更しないでください