研究のすゝめ奨学金

大学院生向け「研究のすゝめ奨学金」 概要

慶應義塾大学は、将来さまざまな研究分野を先導し、研究により国際貢献できる人材育成の基盤を強化するために、2016(平成28)年度に、優秀な学生の大学院進学ならびに大学院における研究推進の奨励を目的とする給付型奨学金「研究のすゝめ奨学金」を創設しました。

 1 対象
文学研究科、経済学研究科、法学研究科、社会学研究科、商学研究科、医学研究科、
理工学研究科、経営管理研究科、政策・メディア研究科、健康マネジメント研究科、
システムデザイン・マネジメント研究科、メディアデザイン研究科、薬学研究科
の修士課程・博士課程・後期博士課程の正規学生(留学生を含む)
大学院入学前に奨学生候補者となることができます。
 
2 支給総額
1億500万円(年額)

2012(平成24)年度に創設した「学問のすゝめ奨学金」が、首都圏以外出身の学部生の増加に寄与しているのと同様に、今回の「研究のすゝめ奨学金」により、国内・海外の優秀な学生が慶應義塾大学大学院を新たな進学先・研究拠点として、具体的に検討しやすくなることを期待しています。
また、慶應義塾大学は、2011(平成23)年度に文部科学省「博士課程教育リーディング大学院プログラム」、そして2014(平成26)年度に文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択されましたが、「研究のすゝめ奨学金」が優秀な大学院生獲得の一助となり、ひいては大学院の研究力の底上げと国際的評価の向上にも資するものと位置づけています。
慶應義塾大学はこれまでも、大学院生を対象として、主に経済支援を目的とする奨学金制度(慶應義塾大学大学院奨学金・研究奨励奨学金・未来先導国際奨学金)を整備してきました。若手研究者の育成には、長期にわたる責任ある支援が不可欠であることから、今回、あらたに「研究のすゝめ奨学金」を創設するにあたっては、奨学基金の大幅な積み増しを実施しました。その結果、慶應義塾大学では、奨学金を目的として200億円規模の基金を運用することとなりました。今後も、世界の学術研究の一翼を担う拠点大学を目指して、独自の奨学金制度の拡充に取り組んでいく所存です。

「研究のすゝめ奨学金」 研究科別採用状況

  ※2017年度は選考基準、支給額は変更になることがあります。

研究科名 対象 選考時期 金額(2016年度) 選考基準・選考方法 採用者数
(2016年度)
文学研究科 修士課程1年 入学後 30万円 入学試験合格後に募集告知。各専攻等への入学者数や本奨学金への応募者数に鑑み推薦枠を決定。各専攻等からの推薦を経て最終決定。 23
経済学研究科 修士課程1年 入学前 30万円 入試評価と学部時代の成績により決定する。 6
法学研究科 修士課程1年 入学後 30万円 書類審査 16
社会学研究科 修士課程1年 入学直後 30万円・50万円 入学手続要領にて案内、募集し、書類審査を行う。 7
商学研究科 修士課程1年 入学前 30万円・50万円・70万円 AO入試合格者は学部の成績、一般入試・留学生入試合格者は入学試験の成績で選考。 6
医学研究科 修士課程1年 30万円 原則、修士課程全入学者を採用する。ただし、入学者が採用予定人数 を超えてしまった場合は入学時の成績をもとに選考する。また、入学者が採用予 定人数に満たなかった場合は成績優秀な修士課程2年生を採用する。 32
理工学研究科 博士課程在学生 未定 30万円・50万円・70万円 奨学金申請書類による書類審査 65
経営管理研究科 修士課程2年、博士課程在学生 入学後 30万円・50万円・70万円 書類審査 13
政策・メディア研究科 修士課程1年 入学前 30万円 入試出願書類により選考する。 31
健康マネジメント研究科 修士課程2年 入学後 30万円・50万円・70万円 書類審査 7
システムデザイン・マネジメント研究科 主として新入学生、在学学生は若干名 新入学生については入学前、在学学生は4月 70万円 新入学生については入試情報による審査.在学学生については入学後の成績および研究業績 7
メディアデザイン研究科 修士課程および博士課程在学生 原則入学前 30万円・50万円・70万円 研究計画書に基づく書類選考 10
薬学研究科 博士課程在学生 入学前 30万円・50万円 書類審査 7