社会学研究科教育学専攻(修士課程)現職教員入学試験について

2016/4/28

 社会学研究科教育学専攻修士課程では、2005年度から現職教員を対象とした入学試験を行っています。
 これは、現職教員の大学院修士課程における学習の機会を増やすために、
大学院修学休業制度が実施さ
れたことに鑑み、積極的に現職教員を受け入れ、教育についての専門的な研究を行うことによって、教員とし
ての資質能力の向上を図ろうとするものです。

 1.専門職大学院ではなく、いわゆる学術大学院に入学することになります。したがって、必要修得単位や
   
修士論文の執筆、与えられる学位などは、大学院社会学研究科教育学専攻修士課程と同じです。

 2.修士課程のみで、入学試験は2016年9月に実施されます。


 3.大学院社会学研究科教育学専攻修士課程の入学定員は1学年10名ですが、この入試での入学許可者
   は若干名を予定しています。


 4.この入学試験の出願資格は、社会学研究科入学試験出願資格を満たした上、以下の資格が必要です。
   ・
原則として専修免許状の取得を目的としていること
   ・上記の場合、取得しようとする専修免許状に係わる基礎となる免許状を有すること

   ・学校教育法第1条校での3年以上の教職経験を有すること
   ・原則として最低1年以上の大学院修学休業制度などによって入学できること

 5.入学試験科目は、第1次試験が筆記試験で「小論文」と「教育学」、第2次試験は口頭試問です。
   入学試験は、大学院社会学研究科一般入試と同じ日に行われます。


 6.修了要件は、社会学研究科修士課程の学則に則り、2年以上在学、32単位以上修得、修士論文の執筆、
   最終試験の合格が必要です。


 7.授業科目は、大学院社会学研究科教育学専攻と同じで、現職教員だけのための授業は設置されません。


 8.授業は、月曜日から土曜日までの昼間に設置されており、夜間や日曜日に設置されていません。

詳細は、2017年度入学試験要項で必ず確認してください。