商学部

【商学部】留学後の単位認定申請について(これから留学を予定している方もご一読ください)

2017/7/6

単位認定申請の概要

留学を終えた学生について、30単位を超えない範囲で、留学先で取得した単位が慶應義塾大学の単位として認定される場合があります。認定希望の場合は、帰国後1ヵ月以内に学生部商学部担当に申し出、「就学届」提出時に申請が必要です。

<申請における注意事項>
(1)認定対象科目は専門教育科目・語学科目です。総合教育科目は対象外です。
(2)既取得単位と同一科目名での認定は不可です。
(3)希望する科目が認められないこともあります。
(4)認定の結果、認定された単位と履修申告した単位の合計が履修上限単位を超過してもそのまま履修可能です。ただし、認定科目と同一名称科目の履修申告はできません。
(5)申請に必要な資料が揃わない場合、申請が認められないことがあります。単位認定申請に必要な資料については下記をご参照ください。

単位認定申請手続の流れ

単位認定申請手続の大まかな流れは以下のとおりです。

1.学生部商学部担当で「留学に伴う単位認定申請書」を受け取る
2.必要事項を記入、必要書類を準備
3.学生部商学部担当で書類確認
4.学習指導面談を受ける
※5.(商学部設置語学科目の単位認定を申請する場合)語学部会の承認を得る
6.学生部商学部担当に提出
7.学部会議で承認される

※特に英語科目の申請をする場合、部会で審査をする期間が定められています(年4回予定)。審査期間に間に合うように早めに準備してください。
 なお、具体的な審査期間については学生部商学部担当までお問い合わせください。

三田学生部商学部担当 窓口受付時間:http://www.gakuji.keio.ac.jp/mita/mado/index.html
                メールアドレス:mita-gakuji-sho*adst.keio.ac.jp  (「*」の部分を「@」に変えてから送信してください)

日吉学生部商学部担当 窓口受付時間:http://www.gakuji.keio.ac.jp/hiyoshi/mado/index.html
                メールアドレス:h-gakuji-sho*adst.keio.ac.jp  (「*」の部分を「@」に変えてから送信してください)

単位認定申請に必要となる書類

単位認定申請をする際には、以下に述べる書類が必要になります。留学中に必要な書類一式を入手し、帰国時に紛失・処分することがないよう、十分注意してください。資料を揃えられなかった場合には、資料不足のため単位認定の可否について判断不可とみなされ、申請が認められないことがありますので、予めご了承ください。
認定は決められた時期にしか行われないので、計画的に、余裕をもって必要な書類を揃えて提出してください。認定書類の学生部への申請(提出)は随時可能です。

<必要書類>

必要書類

注意事項

単位認定申請書

所定用紙に記入。

シラバス等の講義内容が分かる資料

週ごとの授業プラン、成績評価の基準(その授業での成績がどのようにつくか)、テキスト情報、時間数を含むこと。時間数と授業の概略のみが記載されており、授業内容の詳細が分からないようなものは不可。
※授業内容の詳細について記載がない場合は、講義のレジュメ等も提出すること。

時間割・学事日程等の授業時間数が分かる資料

上記シラバスに時間数が明記されている場合は不要。
*認定単位数の目安(授業時間数/認定単位数):
1350分/2単位、2700分/4単位 
※半期で2単位、通年で4単位の科目を申請する場合

成績証明書

原本を提出。原本の発行時期が遅れる場合は、オンラインの成績表を仮提出すること。

教科書

商学部設置の語学科目(※)の認定申請をする場合のみ必要。下記注意事項も参照。

※ESLなど外国人向けの授業は認定されない場合があります。
 また、商学部設置の語学科目を申請する場合には、上記に加えて、以下の資料が必要です。
 
1)英語科目 「英語科目単位認定チェックリスト」(所定用紙)および同紙記載の資料
 
2)中国語科目 受験した試験の問題・課題(いずれもコピー可)
 3)英語・中国語以外の語学科目 受験した試験の問題・課題・プレゼンのスライド資料のうち、提出可能なもの(いずれもコピー可)

申請書等