政策・メディア研究科

【政メ】春学期定期試験監督補助者募集について(6/24(日)締切)

2018/6/12

2018年度春学期の総合政策学部・環境情報学部定期試験は2018年7月23日(月)~7月30日(月)の日程で実施されます(7月30日(月)は予備日)。
本年度も政策・メディア研究科に在学されている方々に、試験監督補助のご協力をお願いいたします。
 
ご協力いただける方は【6月24日(日)まで】に、以下の方法でご申請ください。

 <アクセス方法>
SFC-SFSログイン>[学事Web]>[keio.jp教育支援システム]>[日程伺い]>「2018年度春学期 定期試験監督補助申し込み(大学院生)」にアクセス
 
<登録手順>
  1. 監督が可能な時限を「○」、不可能な時限を「×」で選択してください。
  2. 振込先の口座情報を入力してください。(振込先は本人名義の口座に限る)。
申し込みに基づき日程調整を行い、監督日時は7月上旬に教育支援システムにて調整結果を発表いたします。

注意事項

 <申し込みにあたって>
  • 大学院生(正規生)のみ申し込みできます。
  • 1コマ(90分)につき1,800円支給します。交通費の支給は別途ありません。
  • 試験監督補助はSFC定期試験GIGA科目を除いてすべて日本語で行うため、日本語の読み書き・会話ができる方に限ります。
  • 割当て後の変更・キャンセルは、必ず代替者を立ててご連絡ください。
  • 監督手当は8月下旬頃振り込みます。
 
<銀行振り込み口座について>
  • 監督申込者と名義人は、同一でなければ受け付けられません。
  • 銀行以外の金融機関は取扱いできません。
  • 口座のない方は銀行口座を開設の上、お申し込みください。
 
<学部設置科目のTA担当者>
学部設置科目のTA担当者は申し込みが必須です。特に、TA担当科目で定期試験を実施する場合、TA担当者は該当科目の試験監督補助を行わなければなりません(TA/SA取扱基準(3)参照)。定期試験期間中の予定は予め空けておいてください。
※定期試験を実施するかという点については、科目担当の先生にご確認ください。 
 
なお、日程の都合上試験監督補助を行えない場合、代替者(政策・メディア研究科の大学院生に限る)を立てる必要があります。代替者を立てる場合は、代替者の学籍番号・名前について、6月25日(月)までに学事担当にご連絡ください。また、代替者の方にも、上記手順で教育支援システムより登録していただくようお伝えください。
 
<留学生の方へ>
留学生の方は、在留資格の種別が「文化活動」「留学」の場合は、資格外活動許可証が必要となります。教育支援システムからの申し込みに加え、「外国人在留資格等届出書」およびご自身の「在留カード」の両面コピーを6月29日(金)16:50までに学事担当窓口に提出してください。
「外国人在留資格等届出書」は以下のリンクからダウンロードできます。

問合せ先:湘南藤沢事務室学事担当(sfc-gakuji-gkb@sfc.keio.ac.jp)