休校期間中に行うフィールドワークの科目申請(学部生)

【概要】
春季休校期間中もしくは夏季休校期間中において、個人の研究テーマに関連した国内外での実地調査や研究活動(フィールドワーク)あるいは就業経験(インターンシップ)を行う場合、事前に研究計画書類を提出し、活動内容が認可された者に限り、「フィールド研究1」もしくは「フィールド研究2」の履修ができます。これらの科目の履修希望者は、下記「ガイドライン」を熟読の上、期日に従って研究計画書類を提出してください。

【重要】海外でのフィールドワークやインターンシップの実施基準について

フィールドワークやインターンシップ等で海外渡航する場合、渡航先の治安情勢等の安全対策について、総合的に判断する方針が確認されました。詳細については、以下のファイル(海外でのフィールドワークやインターンシップの実施基準について)を参照してください。

(2016.12.16)
2017年度春季より、海外での活動を行うにあたっては、慶應義塾大学総合政策学部、環境情報学部、および政策・メディア研究科(以下「学部・研究科」)の指定する「危機管理支援サービス」および同学部・同研究科の定める基準を満たした「海外旅行総合保険」に加入することが義務付けられます。
詳細については、別途ご案内いたしますので必ずご確認ください。

(2016.12.27)
過日掲載した『
慶應義塾大学総合政策学部、環境情報学部、および政策・メディア研究科(以下「学部・研究科」)の指定する「危機管理支援サービス」および同学部・同研究科の定める基準を満たした「海外旅行総合保険」』について、詳細および加入登録手続に関する情報が公開されました。
以下のWebサイト(【総環・政メ】危機管理支援サービス・海外旅行総合保険について)を参照のうえ、加入登録手続を行ってください。

春季休校期間にフィールドワークを実施し、春学期科目(フィールド研究1・2)として申告する場合

(最終更新日:2016.12.16)

1. 研究計画書・誓約書の提出について

提出期間: 2017年1月11日(水)~16日(月) 各日9:15~16:50まで
提出先:  Α館(本館)CDPオフィス 窓口

留意事項
・所定用紙あり(本ページ下部参照)
・研究計画書未提出者や未認可の者、および活動後の申請(遡及申請)者の履修は不可

2.報告書(レポート)の提出について

現在お知らせする内容はありません(2017年4月更新予定)

夏季休校期間にフィールドワークを実施し、秋学期科目(フィールド研究1・2)として申告する場合

(最終更新日:2016.12.8)

1. 研究計画書・誓約書の提出について

現在お知らせする内容はありません(2017年5月更新予定)

2. 報告書(レポート)の提出について

現在お知らせする内容はありません(2017年9月更新予定)

ガイドライン、所定用紙のダウンロード