【総環】AUD科目履修と一級建築士受験資格

AUD科目履修と一級建築士受験資格

 【2009年度以降入学者のみ対象】
 2008年11月の建築士法の改正に伴い、2009年度より一級建築士の受験資格取得のための学歴要件が変更され、環境情報学部、総合政策学部の
指定された科目の中から各項目における必要単位数を満たし、合計60単位を修得したものは、大学卒業後の2年間の実務経験の後、一級建築士受験資格を得ることができます。
 以下に掲載する
指定科目に該当する開講科目一覧に従って履修してください。建築士試験別、指定科目に係る必要単位数と必要な建築実務の経験年数も以下の一覧に従ってください。