学生生活に関するお知らせ・ご案内

大地震対応マニュアル

 地震や火災などの災害は、いつ、どこで起こるか誰にも予測がつきません。ただ、私たちの生活を瞬時に崩壊させる災害に遭遇する可能性は、誰もが持っています。災害から私たちを守るのは、日頃からの心がまえと十分な防災知識、そして、いざという時に慌てず、騒がず、冷静に対処できる行動力です。

防災マニュアル 2013 (トピック抜粋)
◆広域避難場所
  信濃町キャンパスの広域避難場所 ⇒
 「明治神宮外苑(絵画館前)

学生生活全般

落し物、忘れ物について

 キャンパス内での落し物や忘れ物は、学生課学生生活担当(孝養舎1階)もしくは防災センター(2号棟1階)で3ヶ月間保管しています。電話での問い合わせは受け付けていませんので、開室時間内に学生証を持ってお越しください。(防災センターは24時間対応)また、個人情報が含まれる可能性がある落し物(USB・PC等)については、医療安全対策室にてデータを確認します。

学生ロッカーの利用について

 信濃町キャンパス所属の医学部2~6年生、看護医療学部3年生、医学研究科修士課程の学生には学生ロッカーが貸与されます。以下の注意点をよく読み、利用してください。

<ロッカー利用上の注意点>

  1. 使用時は暗証番号を設定し、必ず施錠すること。
  2. 他人のロッカーを使用しないこと。
  3. 学年進級時にロッカー移動や荷物の引き上げがあるため、荷物は最小限とすること。
  4. 床やロッカーの上に荷物を置かないこと
  5. 年度末もしくは大学から指示された場合には、必ず指定日までにすべての荷物を撤収し、貸与時と同じ状況に復帰させること。
 また、ロッカーが開錠できなくなった場合には、学生証を持参の上、学生課学生生活担当(平日8:45~16:45)にお越しください。学生課閉室時には防災センター(2号棟1階・内線:63030)で対応します。

自転車での通学について

 信濃町キャンパスでは自転車での通学を原則認めていません。通学には公共交通機関をご利用ください。

図書館、自習室、PCルームについて

信濃町キャンパスでは勉強や研究のために、以下の施設を利用できます。

<信濃町メディアセンター>
利用方法、開館時間についてはホームページをご覧ください。

<自習室>
孝養舎2階、第二校舎1階、新教育研究棟4階に自習室があります。自習室内に貼られた利用規則を守り、利用してください。

<PCルーム>
孝養舎4階、新教育研究棟1階、信濃町メディアセンター閲覧室、予防医学校舎地下1階には学生が利用できるPCルームがあります。