2017年度 履修登録取消制度について(学部)

<全体の流れ>

履修登録取消制度とは、一旦履修登録した科目(履修確定された科目)を決められた期間に申告手続きをとることによって履修を取り消す制度です。履修登録をして授業に出たものの、授業の内容が学びたい内容と違っていた、授業に対する知識が不足していることに気付いた、履修科目数を減らしたい等といった理由から履修を取り消すことができます。春前半・春後半・秋前半・秋後半の計4回設けられており、各回の取消可能上限は8単位です。取り消した科目は学業成績表・成績証明書にも記載されません。

期間 方法 対象科目 上限 履修取消禁止科目
春学期前半履修取消期間
(5月17日10:00~18日16:45)
 学事Webシステム
(※3)

 
 
 
 春・春前半・通年・春秋セット科目  8単位  (理工学部設置科目(※1))のうち、
所属学科の必修科目
理工学基礎実験
総合教育セミナー
グローバルリーダーシップセミナー
機械系のための電気・電子回路(※2)

(他学部・研究科・諸研究所・センター設置科目)
履修案内p.26で確認すること
最新情報はこちら

 
 
 
春学期後半履修取消期間
(6月22日10:00~23日16:45)
 春後半科目  8単位
秋学期前半履修取消期間
(10月25日10:00~26日16:45)
 秋・秋前半科目  8単位

秋学期後半履修取消期間
(12月11日10:00~12日16:45)

 秋後半科目  8単位

※1 理工学部設置科目の中には、総合教育科目(各学部共通科目)も含みます。
※2 秋学期の履修申告期間(9月下旬)に削除することは可能です。
※3 理工学研究科設置科目(集中講義除く)も学事Webシステムから削除してください。許可願の提出による科目の取り下げは、集中講義のみ可能です。

<体育科目について>

体育科目の科目の取消しを予定している場合は、こちらを確認してください。他の科目と取消期間が異なる場合がありますので注意してください。 (5.16 追加情報あり、取消上限について)

<集中講義について>

原則、当該科目の履修確定日の翌日から当該科目の授業開始日の翌日までに、履修登録取消の手続きを行うこととなっています。一部例外や科目別の手続きが必要な場合がありますので、掲示やWebサイト等に注意してください。不明な場合は、理工学部学生課学事担当窓口に問合せるようにしてください。
手続きは、学事Webシステムによる取消ができないため、窓口で申請を受付けます。理工学研究科の集中講義以外は、窓口で申請用紙を配布する予定です。

(参考情報) ※全ての集中講義を網羅しているわけではありません。
・電気機器設計法 8月28日(月)まで
・理工学研究科・集中講義科目 各講義終了日まで
・教職課程科目・集中講義科目 授業開始日の翌日まで(教職課程履修案内 p. 10も必ず参照してください)